前へ
次へ

乾燥を感じないように健やかに過ごす

気温が下がって空気が乾いてくる秋・冬の時期には、肌をとりまく環境が大きく変わります。冷えや乾燥、色々なトラブルが心配になる季節は、肌からのメッセージを上手に受け止め、毎日を健やかに過ごしましょう。乾燥などの外部刺激の影響を諸に受けやすく、肌がカサつきを繰り返したり、荒れやすくなります。いわゆる「セラミド不足」です。これは、洗うときに失われてしまいがちなので、セラミドを守りながら優しく洗うことも重要なのです。例えば、朝の洗顔はお湯だけという人も増えています。これはこれで正解です。ただし、ぬるま湯であることが条件です。また、寝ている間に皮脂が多少なり分泌されているので、変性皮脂が付着しているメッセージを感じ取れる朝ならば、泡立ちたっぷりの洗顔料を使うことも必要です。朝だけ使えるのは、ベビー石鹸です。赤ちゃんに使える弱酸性で、無香料、無着色であるのが特徴だから、刺激性も少ないはずで、朝の洗顔にはオススメです。

Page Top